[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #950
己の年譜
Date: 2017/12/07(Thu) 
 自分で記すのも妙な事と思うけれど、この数年同輩が次々と旅立って行くのに接し、ふと己のこれ迄を振りかえった。

 1936 ( 昭和11 ) 年、横浜市磯子区原町に生まれる。父・隆、母・みわ の次男。
39年第二次世界大戦始まる。43年国民学校 ( 小学校のこと ) 入学。翌44年静岡県沼津市に疎開。
45年4月8日、父病死。7月末空襲により全焼、長兄の勤務先 ( 横浜市鶴見区 ) に身を寄せる。2週間後の8月15日敗戦。

 同9月鶴見区下野谷小学校に転入。49年鶴見中学に進み52年県立鶴見高校入学。54年、高校の宮嶋市郎先生からピアノと作曲の指導を受け55年くにたち音楽大学教育音楽科に合格。59年同卒業、同学作曲科3年、学士入学。同年夏、群馬交響楽団に入団していたクラスメートでホルン奏者の「白井道夫」から誘いを受けて指揮者となる ( 64年迄 ) 。

 62年母校講師に就任。オーケストラと合唱の授業を担当。同時に学生達のサークル活動「くにたちカンマーコール」音楽監督を引き受ける(84年に退職する迄の22年間彼らと共に全国を行脚) 。

 68年、指揮者デビュー ( 日比谷公会堂に於いてBrahms 第一 ほか ) 。引き続いて東フィル・日本フィルはじめ各地オーケストラと共演。71年、渡欧(ロンドン・ローマ・オランダ・ドイツほか)。74年以降しばしば再渡欧。83年上記カンマーコールと共にアメリカ各地を演奏旅行。

 99年文部大臣表彰「社会教育功労者」として。

   以下詳細は、岡本仁・オフィシャルサイト  http://www.jin3.org/   のHistory,#1 #2 参照。