[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #921
SYSTEM と METHOD
Date: 2017/05/25(Thu) 
 コダーイ・システム とか ダルクローズ・システム と云う言葉をしばしば耳にする、その都度違和感を覚える。

 コダーイ、ダルクローズ、オルフ、シュタイナー etc... いずれもヨーロッパのすぐれた芸術家達が研究・開発した子ども達 ( 未来の国民 ) の為の「芸術による創造性喚起」のための教育方法論であり、あの憂うべきナチス時代からの救済・保護・脱却を切に願ったところから発生したもの。これらの詳細については何度も言及しており、これからも書き続けるつもりだから今日は触れない。今日の論点は、これらの教育方法論を称して・・・システムという表現を日本でするのを改めたいと云う願いの一文。

    SYSTEM は、組織・組み立て・体系・系統・組織網 etc. を言い、
    METHOD は、(組織的)方法、方式、手順、手段、( 秩序立った) 配列 etc. を言う。

 上記の教育方法を指して我が国の教育者達は・・・システム としきりに言う。その都度僕は・・・メソッド ですよ ! と言い直すことにしている。・・・システム と云う言い方は、いかにも「私たちはこのやりかたの一党一派なのよ ! 」と云う響きが有るからだ。そもそも,これらは「すぐれた芸術家達が研究・開発した子ども達 ( 未来の国民 ) の為の「芸術による創造性喚起」のための教育方法論」なのであって、願わくは広く世界に普及する事が大切だ。

 そのためには、・・・メソッド と正しい表現を行わないとならない。「方法論」を正しく理解して子どもに与えて行かないと排他的・独善的組織網の普及 ! などという本来の目的からはとんでもなく大きく逸脱する虞れが有る ( もはや既にその臭いがぷんぷん ) 。

 クドいようだがもう一度。

 あの憂うべき時代からの脱却を切に願って発生した バルトーク そして コダーイが提唱して行った「民謡教育の・メソッド」、そして同じ理由の下にダルクローズ が創案した 「リトミック・メソッド」 ですよ !