[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #873
竜頭蛇尾
Date: 2016/08/12(Fri) 
 厳しい言い方かもしれないが、4年前もその前も常に開始前には「スポーツ王国ニッポン」であるかのような報道がけたたましく流される。ふたを開けると前宣伝ほどのメダルはことごとく逃す事が多く新聞記者もアナウンサー達も「運が悪かった」みたいな言い訳を選手本人より先に言い募り、まるで「相手の運が良かった」ような見苦しい言い訳の積み重ねをする。

 " たかがスポーツ " と迄悪口を言うつもりは無いが、いい加減にしてもらいたい苛立を抑えるのにも疲れる。勝ち負けがハッキリする事で素朴な人達には分かり易いのだろう、一喜一憂する事自体にケチを付けるつもりは無い。改めてもらいたい事は、やっている本人以外の者が「ああだ、こうだ」と言い過ぎるスポーツ愛好者の単細胞 ( 失敬 ! ) なのだ。

 もうひとつ我慢ならない事は、これらアマチュアスポーツ愛好家に対する国の金のかけ過ぎ。東京都北区に立派すぎる施設を作り、素人相手に沢山の金を使って養成に精を出し揃いのユニフォームを着せる。外国の例はどうでも良い、文化全体に関心が異常に低いこの国にあってスポーツ文化にだけは関心が高い。" 勝ち負けがハッキリ分かる素朴な文化人達 " だけに国の発展を委ねるのでなく、演劇も音楽も文学も絵画彫刻その他あらゆる文化全体の向上を、国として願うようにならなければ結局スポーツも今の状況から一歩も脱する事は無いに違いない。

 たいして豊かな経済でもないこの国なのに、大枚払って報道人を遠くの国迄送り込みテレビ観ている我々を白けさせたり舌打ちさせるようなオッチョコチョイなアナウンス、また選手達の「ラ抜き」をはじめとするお粗末な日本語のインタビューを見聞きしていると腹立たしくなって日を追うごとに「もうそろそろ観るのをやめよう ! 」と云う人が増えて行く事を知ってもらいたい。

 あんなに遠い国のメダルの奪い合いより、最近の日本海での出来事や国内政治の頼りなさについて真剣に考える時間を持つ事のほうがずっと大切・・・と思いませんか ?