[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #860
井戸が溢れそうに・・・
Date: 2016/03/30(Wed) 
 つい最近の事だが、レクチャーの際に脱線が少なくなく、やたらに話が長くなって聞いてくれる人達にご迷惑をかけている。

 先週のワークショップの際にも反省したつもりだったが、昨日の福岡「火曜会」例会の時もそうだった。あらかじめノートに4時間分の内容を順序立てて書き込み、それを開いて見ながら講義しているのに話の端々にヒゲが際限なく入り延びてしまい、遂に予定の3時を過ぎて「先生、飛行機の時間は ? 」と声がかかって尻切れとんぼで終了 !

 70歳を過ぎる頃からこの傾向が段々と進んで、最近は「これも話しておこう、あれも話しておこう…」等と思いつく事が多過ぎてついついはみ出して時間超過を招く。その都度反省し、次の機会にはもっと綿密な計画表を作って臨むのだけれどやはり脱線が少なくなくて終了時間が守れない。

 歳取るに従って「心の井戸」が一杯になってしまって溢れ出しているのかもしれない。さもなければ疲れがたまっていて心のコントロールが狂っているのかもしれない。

 もう一度ノートを見返して反省するつもりだが、誰かいい知恵を授けてくれませんかねぇ ! !