[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #852
日本語検定を!
Date: 2016/02/09(Tue) 
相変わらず「ことば」の話で恐縮ですが勘弁して下さい。

#845,849,850,851と続けざまに乱れ壊れて行く「日本語」を心配して書き連ねた。それに対する反響も少なくなかった。

望ましく無い日本語を撒き散らす張本人は誰か、ということも大きな話題となった。

それによると犯人の筆頭は常識の欠如したテレビタレント、そしてそれらを使い回すテレビ会社のディレクター達だろう。その理由は、出演者が「ら」抜きや「さ」足しの不正な言葉を喋っていても「字幕」には正しく修正した文章を示している所を見ると彼等は正しく無い言葉が使われた事を分かっているものと見える。( わかっていながら続けるのは共犯者 )

ただ、字幕での修正は「後の祭り」で、出演者の口から間違った音が発せられた後ではさしたる効果も無く反省にもならない。

ところテレビ出演者には「衣装さん」や「メイクさん」が控えていて、みっともなく映らないように服を着せ化粧を施している。

このことを敷衍して出演者が正しい美しい日本語を話すよう、事前にチェックし必要とあれば「言語訓練所 ! ? 」にでもぶち込んで、最小限「間違っていない用法とアクセント」を身につけさせた上でカメラの前に立つ事を許す、というような対策を立てる事でも考えないと近い内に大部分の日本語は滅茶苦茶になるように思う。

例によって岡本の大袈裟な「センセーショナルじみた発言だ」、と揶揄されているうちならば未だ間に合う。

手始めにギリギリ正しく喋っているアナウンサーの間に混じってたどたどしく話す「交通情報」や「気象予報」を喋って憚らない若い素人あたりから訓練を始めてもらいたいものだ。