[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #847
謹賀新年
Date: 2016/01/01(Fri) 
 今年もよろしくお願い致します。

 新年早々たくさんの賀状を頂いて恐縮して居ります。#842に書きました通り、今年はゆっくりと一枚ずつしたためて、寒中御見舞いとしてお出し致します。節分迄にはすべて書き終えるつもりで居ります。

  **********

 去年のうちに晴れ着を身に纏ってよくぞこんな詰まらないばか騒ぎを収録しておいたものだ、と呆れるばかりの TV を off にして静かに寒中見舞いに集中しています。

 いままで、年の暮れに書いていたときも1,2行書いて様子を訊ねるようにしていましたが、元旦に頂く年賀状にも僕が書いた事と似たような添え書きが有ったりして、なんだか相互の会話というよりも一方通行の「ことばの投げかけあい」みたいなチグハグなもどかしい感じを味わっていましたが、そのような事も無く、なんとなく「会話」したような気持になれる所が「寒中見舞い」のメリットかもしれない…などと独りよがりでペンを走らせています。

 ・・と云う訳ですので、元旦に僕からハガキが届かなかったからと言って「あいつ、くたばったかな ? 」などとご心配になりませんよう一言申し上げます。