[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #846
大晦日に思う事
Date: 2015/12/31(Thu) 
 今年も色々なことがありました。

「爆買い」を中心に近隣国のマナーが話題になりました。1960年代に初めてヨーロッパ諸国を巡った時、空港やホテルや名所旧跡やブランドショップで「大騒ぎ」する日本人を見て、貧乏留学生の僕は相当肩身の狭い思いをしましたが、昨今では何処の国に行っても「落ちついて」行動する人が殆どになりました。あと3~40年すれば彼等も国際マナーを身に付ける事でしょう、それまでマスコミも余り偉そうに批判ばかりしないで長い目で暖かく見る事が必要でしょう。

 今更家の中から取っ払う事も出来なくなってしまったテレビジョンは日を追ってあほらしさの権化のようになります。この会社の従業員始めこのメディアで生計を立てる、いわゆる「タレント」諸君も正月番組の収録は済んでいる事でしょうから、たまには己の「道を外れた振る舞い」を客観的に観て、いかにみっともない言動に溢れているかを観察してもらいたいと思います。

 かく申す私自身も、日頃の音楽活動が自己満足に陥っていないか静かに振り返る正月を過ごしたいと思います。

 この1年大変お世話様になり有り難うございました。

 来年は幾分か前に進んだ日々を送ることができるよう、今夜は落ちついてひとり年越しの時間を送りたいと思います。

      あなたのご健勝とご健康をお祈りしています。