[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #738
一時停止の活用
Date: 2014/04/25(Fri) 
前回のTVに関する所で書こうと思っていたけれども紙数の関係で意を尽くすことができなかったのでここに書く.

観たくないコマーシャルを避けるためにあちこちと飛んで歩くのに便利なような言い方になっていたが実はこのリモコン,
もう少し違った使い方もしている.

最近,表示は一応するけれどもあまり詳しく読んでもらいたくない・・というようなずるい広告がある.例えば,保険のPRで,細かい条件や制限を読めないような小さな字で下のほうにほんの2,3秒チラッとだして直ぐに消してしまうあれ.
或は最近の自動車で障害物の前で自動的にかかる,とされるブレーキの説明文.これなども全部を読み切れないようにとの企みなのだろう「このメカニズムは絶対的な物ではありません」という逃げ口上が書いてはあるものの,全文を決して読みきれる筈も無い短さで消してしまう.

クレームがでた時「テレビできちんとおことわりしております・・」と言い訳のためだけにチラッと出しているのだろう.
その種の文がでた時,僕はすかさずリモコンで一時停止してジックリと読む.そうしてそこにこれら企業の狡猾さを見出す.

法律で禁止でもしない限りこのてのコマーシャルは観る人を欺き続けることだろうと思うけれども,やがて僕のようなリモコンの使い方をする人が増えてくるとこれらまやかしのPRは糾弾され駆逐されて行くことだろう.