[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #695
六月(水無月)
Date: 2013/06/01(Sat) 
この月にはなんとなくひっかかりを感じる。

シーズン前半の最終と云う事での反省や悔悟,九月からの後半に向かっての計画や覚悟から始まり,いろいろなことが脳裏をよぎり,もやもやっとした時間の流れる不思議な月。それに,年々負担に感じるようになって来た自分の誕生月だと云う事。

7年前,後輩達が祝いのパーティーをして呉れた時に「もうこの先の歳は数える事をやめよう」と決心した。ところが逆にそのことがプレッシャーになって年末になると「いい年を過ごしたかどうか」が気に懸かるようになった。
この拘りが何処から来るのか考えてみるけれどもどうもハッキリしない。

一つは,体力の心配かと思い自己観察してみるがこのところ前年と比べて著しく墜ちて来たという兆候も無く,そのことで周囲に迷惑をかけている事もなさそうだ。

古来,悟りを開いた偉人達はあるがままに受け入れ「・・めでたくもあり,めでたくもなし・・」などと落ちついて居られたようだがこの数年僕が感じているような"むずむず感"など無かったのだろうか。

早寝早起きを心掛けたり,近所の散歩や室内バイクで足腰の運動に務めたりするのも実は衰えを多少自覚したり虞れたりし始めている証拠のような気もしないでもない。

とにもかくにも経験した事の無い日々を送るにあたってどうしようもない不安や不満に満ちた時間を過ごしている。