[トップ] [検索] [管理用]
Jin's Diary&Essey

  #694
五月が終る
Date: 2013/05/29(Wed) 
今年の前半はいつもより色々なことがあったように思う。

1月 TBSこども音楽コンクール文部科学大臣奨励賞銓衡会があり例年よりも僅差でしのぎを削る候補校の審査に苦労する。
2月 創立に関与した専修大学グリークラブが50周年を迎えるにあたっていろいろの相談があり時の流れを今更のごとく感ずる。
3月 福岡の火曜会(指導者の勉強会)例会があり何人かの新しい参加者を迎えてこの地域の並々ならぬ意欲を痛感する。
4月 三月に一度の検診で「何の異常もなし」と言われ却って普段の心構えについて身が引き締まる思い新た・・。
5月 久しぶりに「前進座」公演を鑑賞する機会があり同じ舞台に立ち働く者の一人として新たな勉強をさせてもらった思い。

いささか些末な話題ばかりで恐縮だが,普段時間に追われてばたばたと過ごしているとなかなか身の回りを振り返るチャンスが無いものだからこれらのことがあるとつくづく考える事になる。

このサイトの「ダイアリー・エッセイ」にその都度拙文をしたためているけれども,読み返してみるといささか"手前味噌"の羅列で恥じ入る次第。

6月は香川二期会のまとめの稽古を二日間おこなって7月15日のコンサートに備えなくてはならない。
7月はそのコンサート,翌日は福岡・火曜会の例会,その夜は都府楼の関雅子さん(くにたち同期)のサロン例会にてお喋り。
8月は月初めの日曜に「教育音楽学会例会ワークショップ」そのあと例年通りならば宇都宮に指導行脚・・この頃からTBSこども音楽コンクールの地方予選も始まる。

三月に一度の検診で「異常なし」と言われる都度,普段の心構えについて身を引き締めて健康面で皆さんに迷惑かけないよう運動も怠らないようにしなければ・・・ああいそがしいなあ!!